フィジカルBに含まれているスーパーフード「スピルリナ」

スピルリナ

子供の成長期栄養補助食品「フィジカルB」の素材の1つとして「スピルリナ」が採用されています。

スピルリナと言えば知る人ぞ知るスーパーフードです。

スピルリナは、約35億年前から存在しているらせん状の藍藻の一種で世界最古の植物です。

そして人類の食用としての歴史も長いです。

スピルリナのイラスト

自然界での生育地はアフリカや中南米のアルカリ度の高い塩水湖などです。

大きさは0.3mmから0.5mmと、ユーグレナやクロレラに比べると大き目なので収穫しやすく、風味は海苔に似ています。

スピルリナには、良質なたんぱく質を多く含んでいる他、ビタミンやミネラル類、必須アミノ酸など成長期の子供たちに必要な50種類以上の栄養成分が含まれています。

更に、クロロフィル、SOD酵素、核酸なども含まれています。

 

●スピルリナに含まれている栄養成分について

ビタミン類 β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
ミネラル類 鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、銅、マンガン、セレン、亜鉛、コバルト、イオウ、クロム
アミノ酸 イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、アルギニン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン
その他 食物繊維、多糖、リノール酸、γ-リノレン酸、イノシトール、SOD、フィコシアニン、ゼアキサンチン、クロロフィルa、核酸

また、スピルリナの細胞膜は消化の良いペクチンで出来ていることから、栄養素の吸収率は2時間で95%と凄く高くなっています。

このような事から、スピルリナは国連やNASAなどでも高く評価されています。

お子様の成長期をサポート!成長期栄養補助食品フィジカルBに興味がある方は下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


フィジカルBに含まれているその他のメイン素材や栄養成分

子供の成長期栄養補助食品「フィジカルB」のメイン原料には、スーパーフードのスピルリナが採用されていますが、ここでは、スピルリナ以外の主な素材・栄養成分をご紹介したいと思います。

●アルギニン

アルギニンは、タンパク質を構成するアミノ酸の1つです。

非必須アミノ酸なので体の中でも合成されるのですが、子供たちの成長期には必要量が十分に合成されないこともありますので十分に摂取することがお勧めです。

また、アルギニンは成長ホルモンの合成を促進させて筋肉を強くしたり、身長を伸ばしたりすることを助けます。

 

●魚骨焼成カルシウム

魚骨焼成カルシウムは、魚の骨を高温で焼成して作った純度の高いカルシウムです。

成長期の子供たちは骨が著しく成長します。

骨量が増える成長期にカルシウムを十分に摂取して骨を丈夫にしておくことが大切になります。

 

●6種類の野菜

フィジカルBには、サツマイモや大麦若葉、桑、サトイモ、ヨモギ、ゴーヤの6種類の野菜が素材の一部として使われています。

野菜嫌いな子供たちが多いみたいですが、野菜に含まれているビタミンやミネラルには栄養身体の調子を整える成長をサポートする大切な働きがあります。

 

●難消化デキストリン

難消化デキストリンは、トウモロコシ由来のでんぷんから作られた水溶性の食物繊維です。

健康管理やダイエットなどをサポートしてくれる成分で知られています。

 

●酸化マグネシウム

子供たちの成長期にはカルシウムをしっかり摂ることが重要ですが、実はカルシウムを骨に定着させるにはマグネシウムが必要です。

カルシウムとマグネシウムの組み合わせは大切になります。

 

●アミノ酸9種類

フィジカルBにはL-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-リジン塩塩酸、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-トリプトファン、L-ヒスチジンの9種類のアミノ酸が配合されています。

これらの9種類のアミノ酸は体内では合成されない必須アミノ酸になりますので、必ず食物何度から補給しなければなりません。

お子様の成長期をサポート!成長期栄養補助食品フィジカルBに興味がある方は下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓